おもちゃやハンドクラフトを作るならマストアイテム!「グルーガン」を使ってみよう

2016年8月24日

「グルーガン」はハンドクラフトの強い味方!

最近ハンドクラフトブームの影響で、ちょっとしたおもちゃやデコレーション、DIYなどを自分で作る人が増えてきています。そんなDIY愛好家にぜひオススメしたいアイテムが「グルーガン」です。グルーガンはどんな道具かというと、「グルースティック」といわれる棒状の樹脂を本体に差し込んで熱し、溶かした樹脂を接着剤として色々なものをくっつけるのに使います。ビニールや合皮などのような素材以外は、ほとんどのものを接着することができるという接着剤の万能選手と言ってもいいかもしれません。

グルーガンのメリット、デメリットは!?

グルーガンは、ハンドクラフトのお店やホームセンターなどで手に入れることができますが、最近では100円ショップでも売られているので気軽に利用する人が多いようです。グルーガンの良い点は、他の接着剤と違って固まるのが早いところ。樹脂なので、グルーガンから出すとすぐに冷えて固まります。ポンポンとリズムよく色々なものをデコレーションしていくのにはピッタリ!また水回りにも強いので濡れても平気なのがメリットです。おもちゃ作りやハンドクラフト以外に、水周りの補修や壁紙をくっつけたりと広い範囲に応用ができます。その代わりに接着力が弱いので、他の接着剤などと併用すれば強度も補強できます。

使い方次第で応用は無限大!

グルーガンを使えば、さまざまなハンドクラフトやおもちゃを自分でハンドメイドすることが出来ます。例えば、クリスマスリースや木の実の寄せ集めて作る「リース作り」は特に人気の高いハンドクラフトです。グルーガンを使えば手軽に接着できるので、自分で拾ってきた木の枝や木の実、種、松ぼっくりなどを寄せ集めてオリジナルのリース作りもカンタン!また、溶かしたグルー自体を素材として作る「スイーツデコ」も人気があります。いかがでしたか?グルーガンはおもちゃを作ったりする以外にも、応用しだいでさまざまなものに利用できるのでおすすめです。いろいろと工夫して楽しんでみてくださいね!

おもちゃの買取のサービスに力を入れている業者のほとんどは、最新の価格相場のリサーチが行われており、顧客からの信頼度が高いことが特徴dす。

プラモデルの買取の情報
ビックリマンシールの買取を読む